各種ツールと設定 » Windowsコマンド

 

 

コマンドの使用法

コマンドプロンプトでのdirectryの移動

コマンドプロンプトでのdirectryの移動は移動したいフォルダーにドラッグドロップすると移動できます。


ネットワークの基本コマンド

WIndowsの現在のIPアドレスの表示と設定

ipconfig
現在のIPアドレスを表示します。

ipcpnfig/all
現在のIPアドレス等の詳細情報を表示します。

ipconfig/release
現在取得しているDHCPのIPアドレスを解放します。IPアドレスがおかしいとき、これをすると正常になることがあります。それでもだめな場合WIndowsを再起動すると正常になうことがあります。

ipconfig/renew
現在取得しているDHCPのIPアドレスを解放して再度IPアドレスを取得し直します。IPアドレスがおかしいとき、これをすると正常になることがあります。それでもだめな場合 WIndowsを再起動すると正常になうことがあります。

Windows9X,Me系では
名前を指定して実行でwinipcfgとしてDHCPアドレスの表示、解放、再取得等ができます。


TCP/IPのネットワーク調査コマンド

FQDNとは

Fully Qualified Domain Nameで完全修飾ドメイン名のことです。省略しないそのコンピューターのドメインネームです。

ping IPアドレスまたはFQDN  

そのコンピュータに接続できるかテストします。

tracert IPアドレスまたはFQDN
networkの経路情報を取得します。UNIX系の同種のコマンドtracerouteのWindowsによる実装です。綴りに注意してください。control+cで終了します。

nslookup IPアドレスまたはFQDN
IPアドレスとFQDNを表示します。 

なおnslookupは今後なくなるおそれがありますが,digはWindowsでは実装されていません。


 

Netコマンド

Microsoftと、3comが共同で開発したWindowsの各種ネットワーク設定を行うnetコマンドがあります。すべてnetで始まるのでnetコマンドと呼ばれます。詳細は割愛します。Windows Serverの管理ではnetコマンドのマスターが必須です。


 

Windows PowerShell

上記の他にWindows PowerShellというものがあります。詳細は割愛します。

Windows XPWindows Server 2003Windows Vistaに対応しており、Windows Server 2008 から標準で含まれている。

http://www.sophia-it.com/content/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%A6%E3%82%BA%E3%83%91%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%AB

http://ja.wikipedia.org/wiki/Windows_PowerShell


 

WSH(Windows Script host)

Windows 98から標準バンドルされました。上記のPowerShellと違い、Windows 2000や、Windows98以降でも動作します。インストールすればWindows 95上でも動作するようです。資料が少ないのが難点です。

VBScript

VBScriptはWinnowsのGUI(Graphic User Interface)での操作をプログラムからできるようにしたものです。拡張子はVBS。添付書類で拡張子がVBSのものはほとんどコンピュータウィルスです。WindowsまたはIE上で実行できます。Windows Server側のVBSはASP(Active Server Page)といわれ、Windowsの標準WWWサーバIIS(Internet Information Service)上で実行されます。マスターすると非常に便利ですが、コンピュータウィルスに注意する必要があります。

JS

MicrosftのJavaScriptの実装ですが、JavaScriptと違いWindows上またはIE上でしか動作しません。こちらはコマンドライン上での操作です。ECMA Acriptは実質的にJSのことです。拡張子はjsです。

ともに詳細は割愛します。

http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/tutor/cformwsh01/cformwsh01_01.html

http://ja.wikipedia.org/wiki/Windows_Script_Host

http://support.microsoft.com/kb/188135/ja


 

VBA(Visual Basic for Applications)

MS Office上のプログラミング言語です。これもマスターすると非常に便利です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/Visual_Basic_for_Applications

詳細は割愛します。


WindowsのLinux的強化

DOSのコマンド群はUNIXをまねたものですが、Windows NT系のコマンドプロンプトでは、機能やコマンド名がDOSのコマンドとはいろいろ違います。

Windowsのコマンドプロンプトのコピーやペーストの使いにくさには並行します。なぜこんなに使いにくいのでしょうか?

WindwsWindowでのコマンドラインでの機能強化やネットワーク機能強化にCygwinを使う方法があります。UTF-8化は進んでいないようですのでEUC-JPで使用するのが現実的です。

最近はPCやハードディスク、メモリが安くなっているので、無理にWindowsでCygwinを起動するよりもマルチブートや、仮想環境を用いたり、LinuxをInstallしたPC使用することを私はお奨めします。
しかしCygwinはシームレスにWindows上でLinux的な操作ができるので、使ってみたい方は検討してみることをお奨めします。その際、漢字コードや、改行コード、ファイルやDirectry名、ファイルシステムの違いに注意する必要があります。

とくにファイルシステムの違いはWindowsのファイルシステムNTFSの仕様が公開されていないため、Linux側から書込みするとかならずファイルシステムを壊しますので、リードオンリーで使用する必要があります。

FAT(VFATを含む)であればそのようなことはありませんがファイルの最大サイズ2GBの制限に注意する必要があります。

CygWin(その他にもいろいろあると思います)

http://www.cygwin.com/

http://www.jaist.ac.jp/~fujieda/cygwin/

http://ja.wikipedia.org/wiki/Cygwin

http://musashi.sourceforge.jp/cygwin/cygwin.html

http://journal.mycom.co.jp/special/2002/cygwin/index.html

http://sohda.net/cygwin/

http://www2.ktokai-u.ac.jp/~kfuji/cygwin/cygwin.htm

コンピュータ系のblog

http://kinshachi.ddo.jp/blog/comp/

ここにはその他Windowsの各種情報が満載です。

その他のLinuxコマンドのWindowsへの移植版等のダウンロードサイト

http://www.chrysocome.net/download

dd,explore2fs,rawwritewin等

http://www.si-linux.co.jp/wiki/silinux/

ddコマンド等

http://www10.plala.or.jp/palm84/grub4dos.html

GRUB for DOS めも


参考文献(Windows Vista,Windows 7版もでているかもしれません)

Windows XP/2000コマンドプロンプト ポケットリファレンス 技術評論社

Microsoft Windowsコマンドライン活用ガイド Windows Server2003,XP Pro対応 日経BP

Windows 95に隠されたDOSの秘密 ナツメ社

Windows 98に隠されたDOSの秘密 ナツメ社

トラブルに効くネットワークコマンド 毎日コミュニケーションズ


最近更新されたページ